FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コダック経営危機、デジタル化と多角化で明暗=富士フイルム社長

こんにちは、今日の一言はこれ!

人にはそれぞれに素晴らしい可能性がある。自分の力と若さを信じることだ。「自分次第でどうにでもなる」と、絶えず唱え続けることを忘れるな。アンドレ・ジイド(作家)

[東京 18日 ロイター] 富士フイルムホールディングス<4901.T>の古森重隆社長は18日、ロイターとのインタビューで、かつて写真用フィルムで世界市場を二分した米イーストマン・コダック<EK.N>が経営危機に陥っていることについて、2000年代に入って急速に進んだデジタル化への対応が明暗を分けたと指摘した。

写真フィルム事業の縮小に伴い、両社とも構造改革を進めてきたが、富士フイルムはデジタルカメラ事業を展開するだけでなく、液晶フィルムや医薬品に新規参入するなど多角化路線が成果を上げたと強調した。

インタビューの主なやり取りは以下の通り。

──為替の影響が厳しいが、超円高で工場の海外移転など対策の余地はあるか。

「われわれはすでに1980年代のプラザ合意のあとに海外生産を進めて、世界中の会社を買ってきたので、今は半分以上が海外生産だ。国内工場は、研究開発と協力してやる製品が多いので、国内でやった方がメリットある。円高になったからといって、今の国内工場を海外に移すつもりはない」

──円高対策で政府に求めるものはあるか。

「スイスのように不退転の決意で円高に立ち向かってほしい。円はやはり90円くらいがフェアな水準。著しくアンフェアな競争を強いられているが、驚くべきことにほとんどの日本の一流企業は耐えている。これだけのことが他の国で起きたら大変なことになる。輸出立国の為替レートが3─4年で35%も上昇したらどうなるか。ぜひとも政府には対応を求めたい」

──中期経営計画で、M&Aは毎年500─1000億円を目指すとしているが、どのような分野を考えているか。

「(医療機器、薬品、健康食品、スキンケアなど)メディカル・ライフサイエンスの事業を想定している。薬品は、富山化学工業などずいぶんやってきた。薬の分野は、この中期計画のあとの時代に、企業のコアになると思う」

──オリンパス<7733.T>の資本提携先として富士フイルムの名前が浮上しているが、医療機器事業の強化で検討の余地はあるか。

「われわれのような会社なら皆、検討するのは当然。シナジーもある。医療機器は毎日メンテナンスしないといけないビジネスだから、(専門知識のある)うちなどが引き受けて一緒にやろうというのは社会的に価値があることだと思う。思ってはいても、いろいろな事情があるだろう。今の段階では検討はする、ということしか言えない。医療機器をやっている会社なら、買うか買わないかは別の問題として興味を持つのは当然だ」

——写真用フィルムで競合関係にあったコダックが経営不振に陥っている。

「写真フィルムに代わる成長事業を探してきたのはコダックも富士フイルムも同じだが、デジタルへの取り組みが少なかったのではないか。2000年代に入って写真事業がデジタルカメラに移ったとき、現像をやっていた一般の写真屋さんはデジカメのプリントをやることになったが、コダックは自社の機械を持っていなかった。うちは自社製品を全世界の写真屋に入れた。ここでコダックは富士フイルムに後れをとったのが大きかった」

「コダックは、写真がなくなったら『デジタルカンパニー』を目指すと言っていたが、デジカメ、デジタルミニラボ、デジタルプリントだけの事業では足りなかったのではないか。うちは(デジカメやプリントだけではなく)、薬品、検査機器、液晶パネルの材料、富士ゼロックスのコピーマシン事業などに多角化し、会社のサイズを維持して拡大しようとした。コダックは、従来のアナログ技術を生かした事業拡大が足りなかったのではないか」

「過去最高の営業利益は07年度の2073億円。11年度の営業利益予想は1365億円だが、07年度と同じ為替と原料の水準に換算すると過去最高を更新する。13年度の計画は1800億円だが、07年度の為替・原料水準なら2900億円くらいになる。これは十分に成長路線に乗っている。過去の構造改革は正しかったと言える」

──2000年6月の社長就任から11年が経過しているが、後継者に求めるものはあるか。

「今はそれを話す段階ではない。ただ、これまでに(写真縮小とリーマンショックの)大波を2つを越えて、東日本大震災も含めれば3つの大きな波は泳ぎ切ったと思う。しかし、円高の厳しい状況の中で成長路線を伸ばしていかなければいけない。私の力はもうちょっと会社にいるのではないか」

(ロイターニュース 村井令二 編集:吉瀬邦彦)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120118-00000125-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

世界各国で”特許”として認められた薬用育毛剤「ポリピュア」
育毛剤 特許


【再配布特典追加しました】全額返金保証!topアフィリエイター級の稼げるサイトを作成する「ブランドx」



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。