スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フィリピン】英たばこ大手が販売再開、税制改正にらみ

おはようございます、まずは今日の一言!

作ったものが計画通りに機能しないからといって、それが無駄とは限らない。【エジソン】

 英たばこ大手ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)がこのほど、フィリピンでの販売を再開した。同社はフィリピンのたばこ税制が同社の製品を差別しているとして、2009年から販売を停止していたが、下院で税制改正審議が進んでいることから、公正な競争環境が整うとして業務再開に踏み切った。28日付ビジネスワールドなどが伝えた。

 現行の税制では、1996年10月1日時点で販売されていた各種たばこの価格を基準に、税率が4区分に分類されている。これによりBATが01年に発売した銘柄「ラッキーストライク」「ラッキーストライク・メンソール」などは「新製品」に分類され、他の製品と比べて物品税率が高い。BATはこれを不当として提訴したが、08年に敗訴が確定。これを受けて、対抗措置として販売を停止していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000008-nna-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

世界各国で”特許”として認められた薬用育毛剤「ポリピュア」
育毛剤 特許


ネットビジネスマン育成プロジェクト【b−max】プレミアプラン



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。